ホーム > 建学の精神

筑紫女学園 ビジュアル・アイデンティティ

筑紫女学園は、「親鸞聖人が明らかにされた仏陀(釈尊)の教え、すなわち浄土真宗の教えにもとづく人間教育」を建学の精神としています。
校訓は建学の精神を三項目にまとめて表したものです。

自律(自己への目覚め)

自律とは、自分の人生を自らが生きるということです。
それは、ほんとうの自分を照らし出す光となるものに出会い、それによって自分を深く見つめるところから始まります。
こうして自分自身を見つめるとき、私たちはこれまでの自己中心的なありかたの過ちに気づかされ、"さまざまな恵みによって生かされている"という自覚にたどりつきます。
この自覚を基礎として、自ら考え、自ら判断し、自ら行動していくことが、自律ということなのです。


和平(他者への目覚め)

和平とは、自分のまわりにある他のすべての存在を認め、互いに尊重しあう中に生まれるおだやかな世界です。
自らを律するとき、私たちは一人ひとりが、かけがえのない自己を生きている身であることに気づくでしょう。
もしも自己中心的な価値観にとらわれて他者を軽んじたり、あるいはそれぞれの尊さを無視して自分と同じになることを強要すれば、対立と争いを引き起こすだけで、ほんとうのおだやかな世界は決して生まれてこないでしょう。


感恩(生命への目覚め)

感恩とは、自分を支えている大いなる恵みを知るということです。
自律というありかたによって自分自身の内側に眼を向けるとき、私たちの生命は、無限の生命のつながりの中に縁あって恵まれ、はぐくまれてきたものであることに気づくでしょう。
同時にそのつながりの中で、恵まれた生命を生かす必要があるということも、うなずけるでしょう。
こうして、自分を支えている、はかり知れないはたらきに感謝の念を抱き、その恩に報いたいと願いながら生きることが大切なのです。


このページのTOPへ戻る