ホーム > 理事長メッセージ

理事長メッセージ

フロンティア精神を持って活躍の場を切り拓く女性を育てていくために

本学園が発信すべきこととは何か―それは、浄土真宗の教えに基づく建学の精神を礎とした筑紫女学園ならではの教育に他なりません。女子校が少なくなった昨今だからこそ、本学で得られる貴重な学びをアピールすることが重要だと考えます。また、教育環境の向上・充実を図り、在校生や卒業生に「筑女で良かった」と言っていただくことも肝要です。そうした声の広がりが、大きな力になると確信しています。

「女性が輝く社会へ!」と言われながらも、本学園を巣立つ女性を取り巻く現実は、楽観視できるものではありません。女性を一歩退かせる古い習慣がいまだ残り、仕事においても様々な障壁があるのが事実です。そうした環境に屈せず、いわばフロンティア精神を持って活躍の場を切り拓く女性を育てていくのが我々の使命です。

仏教には、一人残らず救いへ導く「一乗」の教えがありますが、今、日本は結束力を失い「みんな」という意識が薄れているのではないでしょうか。しかし我々は、一人ひとりがその思想を銘記し、無限大の可能性を持つ園児や生徒たちへ、人生の問いに対する答えを求め続ける学生たちへ、一丸となって本学園ならではの教育を実践して参ります。

学校法人筑紫女学園理事長 杣山眞乘

写真:理事長

このページのTOPへ戻る