What's New

医進コースの活動

【中学2年】日本文化を学ぶ

2018.06.05

医進コースの活動

日本文化を知っていることは、中学3年生で海外語学研修に行ったときのコミュニケーションのツールになります。

そこで、中学2年では HR の時間に「日本文化を学ぶ」という取り組みをしています。今回はその1回目です。今年度で合計3回の実施を予定しています。1回目は、レクリエーションをとおして、「日本の遊び」について学びました。ハンカチ落とし、じゃんけん新聞島、伝言ゲームをしました。50分という短い時間でしたが、楽しい取り組みができました。

 

中学1年生のときも「日本文化を学ぶ」取り組みとして、「茶室での礼法指導(HR)」、「琴体験(音楽授業)」、「百人一首体験(国語授業)」、「凧揚げ大会(特別選抜クラス冬期特別課外)」を実施しました。体験をとおして、日本文化にたくさん触れています。

 

【茶室での礼法指導(HR)】

国の登録有形文化財であるお茶室「香風亭」でひな祭りの時期に実施。本校には7セットものお雛様があり、この時期に全て飾られます。

【琴体験(音楽授業)】

高校に箏曲部があるため、本校にも多くの琴があります。授業でも2人に1台の琴で練習ができました。1時間で「さくらさくら」が弾けるようになりました。

【百人一首体験(国語授業)】 

「見真堂」という和室で、カルタ大会をしました。百人一首を楽しく学ぶことができました。

【凧揚げ大会】(特別選抜クラス冬期特別課外)

特別選抜クラスで、冬の時期に実施。物理の先生から「空気の粘性」など凧が揚がる原理について学び、各自工夫して凧を製作しました。

【凧揚げ大会】(特別選抜クラス冬期特別課外)

本校所有のバスに乗って、皆でマリナタウン海浜公園に行き、凧揚げ大会をしました。