学校案内

建学の精神

水月哲英先生が「女学校」を始めた経緯

1900年(明治33年)、本校の創始者水月哲英は、浄土真宗本願寺派北米開教使として渡ったアメリカで、知識や技能、教養といった点で、日本とアメリカの女性の間にある大きな差を目の当たりにし、女子教育の重要性を痛感。女性の地位向上を目指して、女性の教育環境を整えることに使命を感じました。

そして、帰国後の1907年(明治40年)、福岡の地に筑紫女学園を創設したのです。

それから1世紀以上を経た今も、筑紫女学園は建学の精神を貫いて、女子の人格形成、学力向上に力を注ぎ、社会で活躍する女性を輩出し続けています。

限りない「いのち」への目覚めをうながす建学の精神

 筑紫女学園は、「親鸞聖人が明らかにされた仏陀(釈尊)の教え、すなわち浄土真宗の教えにもとづく人間教育」を建学の精神としています。校訓である「自律」「和平」「感恩」は、その精神をあらわしたものです。
「自律」とは、自分を深く見つめることに始まり、さまざまな恵みによって生かされているという自覚にたどりつきます。この自覚を基礎に自らの人生を生きることです。「和平」とは、他者のすべての存在を認め、互いに尊重しあう中に生まれるおだやかな世界です。

 そして「感恩」とは、自分を支えている大いなる恵みを知ること。生命のはたらきに感謝の念を抱き、恩に報いたいと願いながら生きることです。
 1世紀以上にわたって受け継がれてきた、知と心の女子教育。
 人の心を尊び、多様な価値観を受け入れる豊かな人間力、自分を見つめ、自らを信じて未来へと歩む行動力。
 仏教の教えをもとに、社会を生きるしなやかな感性と教養を身につけ、勇気と誇りをもって新しい時代を創造する女性を育成します。