What's New

【高2総探】福岡の未来への提言

【高2総探】福岡の未来への提言

2022.01.22

高校2年生では総合的な探究の時間を使い、年間を通して福岡の抱える課題について対策を考えていきました。企業訪問や修学旅行で視野を広げ、福岡の理想像を描き、未来への提言を発表しました。

離島の医療問題に関心を持った班は、四国への修学旅行とリンクさせて離島への医療船について調べていました。

外国人が住みやすい街を考えた班は、外国人医療の実態を調べるために実際に病院へ取材に行き、自動翻訳機の体験をしてきました。

女性格差の問題に着目した班は、企業訪問による各企業の取り組みを紹介し、男性の育児休暇取得と出生率の関連性を調べ、男性の家庭参加について提言しました。
福岡の犯罪について調べた班は、グラフで現状を把握し、専用車両の提案や法改正まで踏み込んで提言しました。
コロナ禍でドッラグストアの需要が高まったのに着目した班は、衣料品以外の販売を提案し、ドラッグストアの役割の可能性を広げる提言をしました。

 

 

交通渋滞に着目した班は、天神や博多に空中道路を作り、ビルの高層階にアクセスできたり、ドライブスルーを作ったりなど、大胆な発想を披露しました。

他にも

「観光都市」

「天神ビッグバン」

「防災都市作り」

「子どもの貧困」、「こども食堂」

「医療問題」

「あまおう」

「食品ロス」

「選挙の課題」

「起業しやすい街」

「キャッシュレス」

「ゴミ問題」、「環境問題」、「ポイ捨て」

「防犯カメラ」

「埋立地 アイランドシティ」

など生徒が設定した課題も多岐に渡りました。