What's New

特色ある教育活動

高1 グローバル講演会

2019.05.08

特色ある教育活動

総合的な探究の時間、今回は「グローバル講演会」ということで、西日本新聞社販売局企画開発部部長でいらっしゃる、甲木 正子(かつき まさこ)先生をお招きしてお話をうかがいました。タイトルは、「私を取り巻く男女格差と、男女共同参画社会」です。

身近な男女格差や男女差別、不平等を端緒として、先生ご自身の経験を踏まえられた、日本の働く社会の現状や世界の中での日本の立ち位置などについてお話してくださいました。「ジェンダーギャップ指数」(その社会における男女平等の度合いを示す指数)に注目すると、世界の中での日本の順位は149ヵ国中なんと110位。この順位の低さには、女性の「経済参画」と「政治参画」が大きく影響しています。生徒は身近な場面ではなかなか実感することがないかもしれませんが、今回の講演で女性管理職や女性議員の割合の低さを知ったことでしょう。甲木先生は、お話の中でSDGs(持続可能な開発目標)の17のゴールにも触れられ、その中の「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現しよう」を解決することの重要性も説かれていました。

生徒は、前日に事前学習として身近な男女格差や「ジェンダーギャップ指数」の問題に関心を深めた上で今日の講演会に臨みました。甲木先生のお話を聴くことで、それらに対する理解や新たな視点が得られたことかと思います。これをもとに、10日には事後学習として講演の内容のまとめ、そして現状が抱える問題点の解決策などについてクラスごとにディスカッションをする予定です。