What's New

行事・イベント

高1総合的な探究の時間2

2019.04.24

行事・イベント

総合的な探究の時間 新聞記事②

総合的な探究の時間、第2回も新聞記事の要約と意見交換です。

 

記事のタイトルは「他人のiPS安全確認」。

目の難病患者に対し、他人のiPS細胞を移植する理化学研究所による臨床研究の発表が紹介されています。発表によると、「拒絶反応はほぼ抑えることができ、実用化の7合目まで来ている」とされています。記事は「コストを大幅に削減でき再生医療が前進した」と、まとめてありますが、一方で全ての人の免疫型に対応できるiPS細胞の備蓄・供給は未だ見通しが立たず、今後も冷静な検証が必要であると付け加えてあります。

 

前半の時間では、各自、要約と意見をまとめ、後半、グループディスカッションをして、各グループが発表を行いました。

 

生徒の発表には、

「他人の細胞を移植することには抵抗があるが、安全性が確認されたので、今後の治療に活用されるとよい」といった推進派の意見がある一方、

「たった5件の臨床例で成功ばかりが強調されている印象があり、もっと慎重に検証するべきだ」といった慎重派の意見もありました。