What's New

部活動・生徒活動

高等学校等登山指導者研修会に参加しました。

2018.07.13

登山部

6月29日-7月1日の3日間、富山県にある国立登山研修所にて行われた『高等学校等登山指導者夏山研修会』に参加してきました。

1日目、開会式後、『登山の基本、プランニング』、『読図とナビゲーション』の講義をそれぞれ1時間ずつ受講しました。

その後、4人班に別れ、各班に2人の講師がついていただき、2、3日目の登山にむけての班別協議を行いました。各班において、①研修テーマ、②ルート、③危険予知訓練、④悪天候でのサブプラン、⑤行動判断基準の5点について、プランニングを行いました。プランニングでは、協議前の講義で学んだことを活用しながら、講師の方々のアドバイスをもとに行いました。

夕食後、班別協議にてプランニングを続け、個人・共同装備の確認を行い、9時30分頃に1日目の研修を終えました。

2日目、5:30起床。清掃、準備、朝食後、研修所から30分ほどのところにある大辻山へ向いました。

7:30 白岩川登山口より登山開始。4人が交代してリーダーの役割を任せられ、登山開始。登山の途中に、読図・ナビゲーションを随時行い、学んだことを実際の山の中、実際の地形と地形図を見比べ、地形図の読み方、コンパスの使い方を実践していきました。また滝においてはロープの使い方なども学びました。

11:05 山頂到着後、昼食をとり、下山。下山においても、読図とナビゲーションの確認。危急時対策訓練として、山中でのツエルトビバーク訓練も行いました。14:07長尾峠登山口到着。

14:40 少年自然の家到着後、テント設営。設営後、ロープワーク。

16:45 炊事訓練。カレー、ポテトサラダをつくりました。

18:30 班別協議にて、研修2日目の振り返りと3日目登山の計画確認を行いました。

21:00 『高校生の山岳部活動について』の講義を受け、その後意見交換会を行いました。

22:30 就寝

4:30 起床。朝食準備では、悪天候時における炊事を意識し、テント内での炊事を経験。朝食後、テント撤収。ここでも起床後、1時間30分の短い時間で出発することの練習を行った。各自、役割を分担し、それぞれが動くことで実行できました。6:00出発、来拝山へ向いました。

6:20 登山口到着。本日もリーダーを交代しながら、そして随時、読図・ナビゲーションを行いました。7:20 山頂到着。9:00登山口到着。

9:20 研修所到着。到着後、最後に研修施設内にて、ツエルト・ロープワークの復習を行い、実習は終了しました。

 

昼食後、行動記録表、研修自己評価表の作成。

最後の班別協議を行い、3日間の研修を振り返りました。全体協議にて、班別発表を行い、お互いに学んだことを共有しました。

最後に、研修修了書の授与式を経て、研修を終えました。

この研修を通して学んだことの1つとして、登山は上る前の事前のプランニングで、1回の登山で学べることが大きく変わってくることを感じました。何よりも安全に生徒を引率するために必要なことを、心構えの面から、危険予測力などの知識的また技術的な面まで鍛えられたように感じています。

顧問として、生徒を安全に引率することは当然として、生徒が自主的に考え、プランニングを行う力を養い、1人を登山者として成長させる手助けを行いたいと強く思いました。