生徒活動

高校筑紫会(生徒会)

高校筑紫会(生徒会)

高校筑紫会(生徒会)執行部は、生徒会長、副生徒会長、各専門委員長の計11名を中心に構成されています。

週に1度ミーティングを行い、各委員の活動報告や今後の活動内容、代議委員会に提出する議案、執行部で行う行事の運営や企画について話し合っています。また、放課後は企画書や生徒会新聞を作成したり、目安箱の意見の返答を考えたりと、学校から与えられた仕事にとどまらない、自発的な活動を日々行っています。

平成29年度の主な活動は、学校行事(生徒総会・体育祭・文化祭等)の運営、あいさつ運動、中央区6校生徒会による会議に加え、九州北部豪雨の復興ボランティア派遣、目安箱返答、挨拶推奨ポスターの募集と掲示、3年生を送る会の規模拡大、中央区6校生徒会ボランティアの幹事など、様々な新しい活動を企画して実行しています。

各役員がそれぞれの公約の実現を目指し、個々の生徒が彩りある学校生活を送れるよう、生徒と先生の架け橋となって日々努めて活動する。また、先輩方が紡いできた伝統を継承して、その精神を活かしながらも新たな伝統を生み出し、後輩たちに繋いでいく。それこそが筑紫会のスタイルです。