2017年09月20日

外は雨模様でした。

子ども達が登園後、今日は雨が降り始め、みんな教室の中やテラスで遊び始めました。

ブロックや鬼ごっこ、粘土遊びやお絵描き、先生にお手紙を書いたり新聞紙で剣を作ったり、お友達や先生との遊びの輪が広がります。

絵合わせカードをしていた年少さんは、きちんと順番を守って遊び、泥だんご作りをしていた年少さんも狭い場所をみんなで優しく譲り合いながら過ごす姿も見られました。それぞれの子ども達の成長を感じる瞬間です。

 

ゆり組さんは、遊戯室でソーラン節の練習をしました。

並び方の確認をした後、みんなで踊りましたが、子ども達の気迫がビシビシと伝わってきて、運動会が本当に楽しみです。

この時期の年長さんならではのクラスの団結、子ども同士の繋がりを感じる事ができます。

遊戯室から戻ると、うめ組さんの教室にすごい物が出来上がっていました。

思わず園長先生にも声をかけて一緒に見に行ったほどです。

子ども達と先生が一緒に作っていて、ここまでの高さにするのは相当の時間と気合い、カプラが必要になりますよ。

さすが年長さん!スケールが違いますね。