2017年07月01日

父母教師会主催 日本文化体験プログラム

6月24日(土)に、父母教師会 国際理解委員会主催で中学校1年生~高校2年生を対象に「日本文化体験プログラム」を開催しました。

 

70名近くの生徒達が参加し、浴衣の着付け・華道・茶道の体験をしました。ホームステイや留学の際、また国内外での国際交流の場に参加する機会などに、日本文化を紹介することでコミュニケーションを図り、相互理解を深めるきっかけにしてもらいたいと思います。

 

 

生徒の感想より

①浴衣の着付けについて

・優しく丁寧に説明していただいたので、とてもわかりやすかったです!

・色々な帯の結び方に挑戦したいなと思いました。

・浴衣を着たことはあったのですが、こんなに細かいところまで指導をしてもらえて良かったです。

・家で着ていた時と着方が違っていたので、改めて勉強になりました。

・着方をゆっくり丁寧に教えてもらえて、とてもわかりやすかった。

・周りのお母さん達に手伝ってもらって、きれいに着ることができた。

・とてもわかりやすく、帯の結び方を覚えることができてよかったです。

・くわしく知ることできてよかった。夏祭りの参考にします。

 

②お花について

・お花はセンスが大切だなと思いました。花の名前もわかるので知識が増えました。

・難しいイメージがあったけど、意外にきれいにできたので、うれしかったです。

・花の長さの決め方や、ハサミの使い方を知ることができた。

・花の生け方が分からなかったけど、きれいに生けることができた。

・家ではなかなか体験できないので、今日できてうれしかったです。

・生け花をずっとしたかったのでよかったです。

 

③お茶について

・初めて茶道を経験しました。作法があって難しそうだったけど、たくさん学べて良かったです。

・お菓子がとてもきれいでおいしかった。お茶も苦かったけどおいしかった。

・初めての体験で少し緊張していたけど、やさしく教えて下さり、うれしかった。

・お茶菓子(あじさい)の季節感が出ていてよかった。